仕事

メキシコの漁師とアメリカ人旅行者の話 今の僕はアメリカ人の生き方の方が好きだ

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

ネット上の有名なコピペです。

 

社畜時代の僕はアメリカ人旅行者の言い分をバカにしていた。

必至に働かなくたって生きていけるならそれに越した事は無いし、

漁師が幸せならいいじゃないかと。

 

でも今なら、

アメリカ人旅行者の肩も持ちたい。

全て肯定するわけじゃないけれど。

 

漁師の生き方は

毎日魚が取れるという保証も無いし

毎日魚を取るという労働をしないといけない。

漁船団が出来れば毎日一定量以上の魚が取れるようになって

生活が劇的に安定するし、収入が増えて生活水準も上がる。

漁を他の人に任せて、自分は別の好きな事が出来る。

 

ひょっとしたら漁師が新しい事にチャレンジする事で、

人生がもっと楽しくなるかもしれない。

大漁船団を率いたビジネスの他にも、

海洋の環境保護だとか、海上交通の安全の確保だとか

社会貢献度の高い仕事にも手を伸ばして

いち漁師が国の発展にまで貢献する

物語が出来るかもしれない。

 

僕が死ぬ頃には両方の生き方を肯定あるいは否定しているかもしれないけれど、

今はアメリカ人の生き方を支持したい。

 

【社畜時代から脱出するまでの話】
ナガヒロのプロフィール