レビュー

【5分でわかる】親知らず抜歯手術体験記:入院〜手術〜退院+αの流れ

こんにちは、ナガヒロです。

先日、親知らずを1.5本抜いたので、

親知らずで悩んでいる人向けに記事を書きました。

親知らずを全身麻酔で 入院して手術で抜く場合について

結構具体的に書いていくので、

親知らずの手術で心配な人にはかなり参考になると思います。

ちなみに僕の親知らずの抜歯はかなり難しいパターンでした(泣)

歯医者編1 僕が親知らずを抜くと決めた理由

僕は物を食べた時にたまに下顎が痛くなるという悩みがあり、

食事中にストレスを感じることが度々ありました。

食事でストレスを感じるのは予想以上に辛いです。

自分の好きな物を食べても、

美味しい!

と味を堪能して幸せを感じられない時がたまにあります。

 

そこで、歯医者へ行き相談したところ

下顎が後ろに下がりすぎているので、

歯科矯正して噛み合わせをよくしてみますか

という事になりました。

しかし、その前に虫歯の治療と

親知らずの抜歯が必要だとわかり、

虫歯の治療を歯医者でしつつ、

親知らずを抜歯する事になりました。

(虫歯治療の話は今回割愛します)

 

普段、勉強にしかお金を使っていなくて

余裕があったので健康にお金を使うのに

ためらいはありませんでした。

下顎の痛みが無くなって歯並びがスッキリするのが

非常に楽しみです。

歯並びが悪い事にコンプレックスもありました。

奥歯を噛み合わせると上の前歯が

下の前歯を前から隠す感じになります。

あと歯磨きもやりにくくてストレスが非常にたまる!

日頃の生活でストレスを感じている事を潰すと、

仕事、作業、遊び、趣味、生活と、

あらゆる事が捗るので、

健康にお金を使うのには積極的に行なっています。

歯医者編2 親知らずあるある:歯医者で抜けないヤツだった

歯医者でレントゲンを撮ったところ、

僕の場合下の親知らずが2本共完全に埋まっていて、

(上の親知らずは2本とも子供の頃に抜きました。)

歯医者では抜けないので、

大きい病院の口腔外科にて

手術で抜かなければなりませんでした。

この時歯医者では

口腔外科の先生は嫌がるだろうだろうなぁ

と言われました。

そんなプレッシャかける様なこと言わんでもええやん・・・

口腔外科編1 2本とも相当厄介な親知らずだった

先に言うと、

予想通り口腔外科でも難しい手術になると言われました。

ファック!

 

歯医者で紹介状を書いてもらい、歯科口腔外科へ。

(今は初診の場合はどこも紹介状有りが当たり前みたいですね)

左下の親知らずは内側に水平に倒れて埋まっていて、

右下の親知らずは前の歯の方向に倒れて埋まっていました。

(君たち器用に埋まっとるな。)

両方共難しい手術になるとのこと。(まじかぁ・・・)

特に右下の親知らずは、

親知らずの下にある下顎管と言うところに

非常に接近していました。

この下顎管は神経が通っていて抜歯の時に傷がつくと

手術後に痺れが発生する可能性があると説明を受けました。

痺れは治る時もあれば治らない時もあるとのこと・・・

左1本抜いても歯科矯正は出来ると歯医者で説明を受けていたので、

1本抜くか2本抜くか非常に迷いました。

どうせなら二本とも抜きたいのに、

痺れが残るかもしれないという葛藤ががががが・・・

久しぶりに人生レベルで悩みました

ちなみに左もいい感じに下顎管に近づいているとのこと。

歯科口腔外科で診てもらった後に、

レントゲンより詳しく親知らずの位置を確認するために

CTを撮って終わりました。

そして次回の診察の時に手術の方法を決めることに。

 

結局、紹介状ありの初診で5時間くらいかかりました。

長すぎるやろ!ほとんど待ち時間やん!

サラリーマンだったら、

丸一日有給取って行かないと無理だなこれは!

受付とか支払いとか、人が作業している所が結構あり、

機械化、自動化すれば病院側も患者側も幸せになるのになぁ

と思いながらその日は帰りました。

口腔外科編2 作戦会議:手術の方法を決めよう

2回目の口腔外科の診察では、

初診の時に撮影したCTを確認して

手術の方法、麻酔の方法、親知らずの抜き方について

具体的な説明を受けました。

左右同時に全身麻酔で抜くか、

一本ずつ全身麻酔で抜くか、

一本ずつ局所麻酔で抜くか、

厄介な右の親知らずは頭と根元を分割して

2回に分けて抜く二段階法というやり方がある

・・・等

 

はっきり言ってパターンが多くて、

抜歯後の痺れが残るリスクに加えて

悩む要素が増えてもうこれ決められねえな!

となったので、

ナガヒロ「先生だったらどうしますか?」

先生「右側は二段階法で、左全部と右の頭は全身麻酔で抜きますね。
で、数ヶ月後に右の残りの部分が上に移動してきたら外来で抜きます」

ナガヒロ「じゃあ、それでおねしゃす」

というわけで、下記の様に決めました。

  1. 入院して、全身麻酔で左の親知らず1本と、右の親知らず頭半分を抜く
  2. 数ヶ月後、外来で右の親知らずの残り半分が上に移動してきたら局所麻酔で抜く。
  3. 入院は3泊4日、手術は入院してから2日目に行う。
  4. 入院前に手術と入院の説明をするから立会い人と一緒にもう一度来る事。

二段階法は、親知らず抜歯時に神経を傷つけるリスクが

低減出来る方法だと思ってくれればいいです。

 

手術の方法も決まり口腔外科での診察を終えた後、

胸部レントゲン、肺活量、心電図、採血、採尿して

その日は終わりました。だいたい3時間くらいかかりました。

(サラリーマンやってたら有給半日やな・・・)

 

余談ですが、

僕は肺活量が元から少ないです。

そのせいか、肺活量を測定してくれた女性の方が、

フゥー!ってやってください!フゥー!って!フゥー!

と隣で若い女性にフゥー!フゥー!言われながら

3回もやり直しくらったのが辛かったです。

そんなフゥー!フゥー!言わんでもええやん!

ワイだって一生懸命やっとるわ!

肺活量のうまいやり方があったら教えて欲しいです。(切実)

口腔外科編3 説明回:立会人を確保しておこう

ようやく入院前最後の診察というか説明回です。

注意点は、全身麻酔の場合は立会人が必要ということです。

 

今回は、全身麻酔で手術をするので

手術の立会い人と一緒に手術と入院の事前説明を受ける事が

メインとなりました。(自分は母親に立会人をお願いしました。)

注意点としては2点

  • 全身麻酔時に呼吸をサポートするためにホースを口から入れて喉を通します。
    なので、手術後3日くらいは喉に痛みが出ます。
  • タバコは退院するまで吸わないでください。
    自分の場合は2週間前から吸わないでと言われました。

 

さらに全身麻酔の手術で入院するためにやる事は結構あって、

大体こんな感じです。

  • 病院からもらった書類5枚に個人情報を事前に書いておく
  • 病院からもらった書類3枚に事前に署名しておく
  • 使用している薬を全種類病院へ提出(その日に返してもらえます)
  • 立会い人と一緒に手術の説明を聞く
  • 立会い人と一緒に入院についての説明を聞く

この日は大体3時間くらいかかりました。

診察から入院の手続きを終えるまでの時間を取るだけでも

会社員の人は大変だと思います。

診察に3日、入院で3泊4日だから

1週間は休みを取らないといけない計算に。

(自営業で本当によかった。)

 

 

僕は起業したお陰で仕事をする時間は短くなり、

いつでも休めるので時間が余裕で取れました。

親知らずを抜いて、歯科矯正する事で

顎の痛みやコンプレックス、ストレスから

解放される事を考えると本当に良かったと思います。

ちなみのこんな生活しています。
ナガヒロのプロフィール

入院編1日目 最初の試練

退屈度 :★★★★★
喉の痛み:
顎の痛み:
体の痛み:
だるさ :

口腔外科の初診から4週間かかってようやく入院です。

そして入院初日は退屈できつかったです。

上の★はその日の僕の状態を表しています。

多いほど悪い状態です。

嫌な予感しかしねえな!

 

手術日の前日の午後13時頃に病室へ行き、

病院指定の服に着替えました。

そしてやる事が無い・・・。

時間をつぶせそうなのはベッドの近くにあるTVのみ。

自分はTV見ないので意味ないし・・・。

無線も有線LANも無い状態。

家電の持ち込みはNGでスマホしか持ち込めず、

指定の場所でしか使えないという不便さ。

あとで聞いたら、暗黙の了解でPCは持ち込んでもよかったらしいです。

チクショウ!

日頃自分がいかにネットに依存していたか思い知らされました。

幸い仕事の方は何もしなくても売り上げを上げる仕組みを作っているので

影響は全くありませんでした。

初めて入院する人は事前に暇つぶしどうするか、

調べておいた方が絶対にいいです。

自分は退屈が嫌いなので結構辛かったです。

スマホにローカルでKindleの電子書籍をダウンロードしておいたので

それを読んで暇つぶししていました。

 

夕食は18時頃に配膳されて消灯が9時!早すぎる!

事前に説明があったのですが、

入院1日目の21時から2日目(手術日)の11時まで

OS-1という経口補水液3本を時間をかけて飲むこと、

そしてOS-1以外は飲食禁止と言われました。

OS-1は味の薄いしょっぱいポカリみたいなやつです。

入院初日は退屈との戦いでした。

4日間の我慢だから、

4日目は午前中に退院できるから実質3日や、

それまでの辛抱や!

と自分に言い聞かせて耐えました。

入院編2日目 手術後やっぱり辛かった

退屈度 :★★★
喉の痛み:★★★★★
顎の痛み:★★★★
体の痛み:★★★★
だるさ :★★★★

いよいよ手術の日が来ました。

上のステータスが酷いことになっていますね。

当たり前ですが全身麻酔なので手術は痛みもなく

あっという間に終わりました。

そして手術後の喉の痛みと

歯茎からの出血の処理がとにかく辛かったです。

 

 

入院2日目は手術の始まる11時半まで

病室で時間をつぶしていました。

腹は減るし、退屈だし、手術で緊張してきて

ストレスを感じていましたが、

なるべく何も考えないようにしていました。

10時頃手術の立会いのため母親と合流しましたが、

空腹と緊張で世間話も弾まず、

母親相手にコミュ障状態という体たらくでした。

 

そして11時半過ぎ。

ついにその時がきました!

僕の担当看護師Aさんに呼ばれ歩いて手術室へ。

道中Aさんとの会話でさらに恐怖を煽られました。

 

Aさん「緊張・・してますよね?笑」

ナガヒロ「はい、全身麻酔で手術は初めてなので・・・」

Aさん「私も片方ですけど、親知らずを全身麻酔で抜いたんですよ?」

ナガヒロ「そうなんですか、手術の後って痛かったですか?」

Aさん「え、えへへ・・・・笑」

なにわろとんねん!

アカン、これ絶対痛いヤツや・・・!

 

直前で緊張度MAXにされて、

手術室へ入りベッドの上に仰向けになりました。

心電図から伸びたコードを身体に付けられ、

左腕に点滴を打たれて、

「じゃあ麻酔入れますね」

と言われて2秒くらいで意識が落ちました。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

気がつくと病室のベッドに寝た状態で

手術をしてくれた口腔外科の先生に声をかけられていました。

ああ、手術が終わったんや。

頭がぼーっとするし、身体はだるいし、

喉は痛いし、なんやこれぇ・・・・

という状態で酷かったです。

うまく声も出せず、

母親がそれじゃ帰るわと言ったのに

頷いて反応するのが精一杯でした。

 

それから2時間くらいで意識がはっきりしてきました。

手術後意識が戻ってから

3時間は歩いたらダメと言われていましたが、

歩けるわけないやろ!

という状態でした。

仰向けになってぼーっとしていると

看護師のAさんが、

「暑かったら両脇に氷枕いれましょうか?」

と言ってくれたので、速攻3回くらい頷いてお願いしました。

この時の僕は精神的にも肉体的にも弱っていたので、

氷枕を用意してくれたAさんが

God、いやGoddessに見えました。

手術前に心の中で怒ってごめんなさい。

 

宗教はこうやって弱った人間に布教するんやな・・・

そりゃあイチコロやわ、Goddessやもん。

某宗教がローマ帝国で貧乏人や社会的弱者に救済を説いて

布教して数を増やして言ったっていうのはこういうことなんやな。

とぼんやりと考えていました。

 

夕食はおかゆと牛乳と野菜ジュースとゼリーでしたが、

喉が痛くて、口もうまく開けられないので、

食事を取れたのは野菜ジュースだけでした。

ストロー加えるだけでも顎がいてえ!

ジュース飲むだけでも喉がいてえ!

あとは麻酔の影響なのか、

気持ち悪くて食欲もなかったです。

 

喉の痛みの次に辛かったのが歯茎からの出血で、

血が口の中に溜まったらティッシュで吸って捨てるという作業を

ひたすらやっていました。

たまに飲み込むと喉が痛いしで、

歯茎からの出血と喉の痛みのコンボで

2日目はあまり眠れなかったです。

入院編3日目 試練はまだ続くよ

退屈度 :★★★★
喉の痛み:★★★★★
顎の痛み:★★★★
体の痛み:★★★
だるさ :★★

正直入院3日目は、手術直後とほぼ同じで

体の状態が悪かったこと以外あまり覚えてないです。

少しだけ体のだるさは治りましたが、

喉の痛み、

歯茎からの出血、

痛くて口が開けられない、

寝ていた時の姿勢が悪かったせいか背中が痛い、

と酷い状態で何もする気が起きずに

寝て起きて少し歩いてまた寝て起きてを

繰り返していました。

 

手術を担当してくれた先生が検診時に、

「ナガヒロさん、右もすごかったけど左も大変だったよ笑

全身麻酔で抜いてよかったね!」

と素敵な笑顔でコメントしていた事は少し覚えています。

口を開けると痛いのでうまく返事が出来ず、

ファファファ(笑)

と愛想笑いを返しておきました。

たのむ、そっとしておいてくれ・・・

 

僕に出来るのは早く明日になって退院出来るようにと

祈る事だけでした。

入院編日目 まだ不調だけど帰宅時の安心感が半端なかった

退屈度 :★★
喉の痛み:★★★★
顎の痛み:★★★
体の痛み:★★
だるさ :★

やっと退院の日がきました。

入院3日目に少し歩いていたのがよかったのか、

だいぶ回復しました。

相変わらず喉の痛みは酷いけれど。

 

手術後初めて外観の変化に気づきました。

両側の顎がかなり腫れている。しかし、

顎の痛みよりも喉の痛みの方がひどかったので

それほど気なりませんでした。

痛み止めを1日3回飲んでいたのが

効いていたのかもしれません。

外観の変化を気にする人はマスクすれば大丈夫だと思います。

あと気になったのは、歯茎を縛っている糸です。

口の中を縛っているので、

食事中もそうでない時も

要するに常に気になります。

抜糸は1週間後なのでまだしばらく辛抱しないといけません。

 

午前中で退院となりましたが、

3泊4日とはいえ非常に長く感じました。

病院側の対応は問題なかったのですが、

引きこもりが好きな自分としては3日も外泊するのは

しんどかったです。

そして10分ほど歩いて我が家へ帰宅しました。

 

帰宅してまず、

俺はやったぞ!

という達成感と安心感が半端なかったです。

あとは1週間後に抜糸して、

数ヶ月後に外来で右下の半分を抜くだけなので

肩の荷がおりました。

まだ歯科矯正は始まってもないのに

退院後 痛みは治っても暫くストレスは続くよ

退院した次の日には喉の痛みは収まっていましたが、

顎が痛くて口をあまり大きく開けることが出来ず

食事をするのが大変でした。

腹が減っているのにがっつり食べられないという辛さ。

この時、まともに食事が出来るようになったら、

好きなものを栄養考えずに暴飲暴食してやる!

決意していたのですが、いまだに実行に移せていません。

 

 

手術から1週間後に抜糸をしました。

この時、親指の第二関節に爪を立てて

抜糸の痛みをごまかしました。

お勧めなんで歯医者で歯を削る時や注射の時に

使ってみてください。

 

ちなみに食事に支障がない程度に口を開けられるようになるまで

手術した日からちょうど2週間かかりました。

親知らずで悩むあなたへ

振り返ってみると、

退屈と痛みと不自由さで

親知らずの手術とその後暫くは大変でした。

手術前の診察でも結構時間がかかりましたし。

僕の場合は体力と精神の負担が辛かったのですが、

サラリーマンだったら時間的にも相当大変ですね。

 

僕のケースは下の左右の親知らずを抜くのが

両方厄介な状態だったので、

普通の人はもう少し楽になると思います。

 

この記事を読んで親知らずを抜く時の参考にして

頂ければと思い書きました。

最後に、手術の費用は8万円くらいでした。

 

数ヶ月後に残りの右下の親知らず半分を抜いたら、

この話の続きを書きたいと思います。

それでは。

 

遂に親知らずを全部抜きました。後編です!
【5分で解る】親知らず抜歯体験記:2回目の手術~

入院中に読んでいた本です。
全ての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~

無料のメルマガ配信しています。
>>無料メルマガ登録<<

普段こんな生活をしています(過去話もあります)。
ナガヒロのプロフィール